キャストモールド製法とは

「キャストモールド製法」とは、コンタクトのレンズの原料とカラー剤をあらかじめ混ぜてから作られる製造方法のことです。

 

キャストモールド製法のメリットは、重ねて作られるサンドウィッチ製法とは違い、薄いレンズに仕上がるという点です。

 

薄いレンズは柔軟性が高くなりますので、着け心地の良さからキャストモールド製法は多くのカラコン商品に使用されている人気の製法の一つになります。

 

カラコンで着け心地の良い製品を選ぶことは、長時間装着をしていても目が疲れにくいため大切なポイントの一つになります。

 

しかし、レンズが破損した場合は、キャストモールド製法ではカラー剤として使用している着色料が、そのまま瞳に付着してしまう危険性もあるのでデメリットについても認識しておく必要があります。

 

万が一、着色料が流れ出てしまった場合には、目に重篤な炎症を引き起こしてしまう可能性もありますので、違和感を覚えた時にはすぐに使用を控えることが必要です。

 

もちろんキャストモールド製法でも、不良品を出さないよう製造メーカーや販売メーカーが品質管理や安全基準を徹底していれば、破損によるリスクを軽減させることができますので、信頼できる製品を選ぶようにしましょう。

 

>>安全なカラコンランキングはこちら<<