ラップイン構造

ラップイン構造は、カラコンの製造方法のひとつです。
ラップイン構造では、カラコンの着色部分をレンズの素材で包み込んでラップするように作られます。
そのためカラコンの着色料が直接眼球に触れることはありませんから、痒みや痛みといった眼病を引きおこす危険性は少なく、安全に使用できます。

 

また、ラップイン構造で作られたカラコンは、1枚のレンズで作られているためつけ心地も良く、酸素透過性も高いので目の負担は軽くなります。
ラップイン構造のカラコンは、すべての工程において機械で作られています。
ですからレンズとしても正確で、不良品も少なく安全性もかなり高いといえます。

 

安全性が高いからと言って、危険な使い方は厳禁です。
使用上の注意に従って、使用期限を守って装着しましょう。

 

>>安全なカラコンランキングはこちら<<