カラコンの保存方法

カラコンをはじめて購入しようと考えている方は、「とりあえず、カラコンだけを購入すれば良いだろう」と思っている方も多いと思います。
しかし、カラコンを使用するためには、洗浄を行ったり、保存ケースなどを準備しなくては、続けて安全なカラコンを使用することが出来ません。

 

では、カラコンの保存方法とは、どのように行えば良いのか、ご紹介しましょう。
カラコンを保存する際には、コンタクトレンズの保存ケースでの保存が必要となります。
「適当に、置いておけば良いのでは?」と思われる方もいると思いますが、カラコンを長く使うため、安全に使うためには、正しい保存方法で保存することが基本。
間違った保存方法を行っていれば、レンズにカビがついてしまったり、細菌が繁殖してしまうこともあります。
こんなカラコンを装着してしまえば、目に感染してしまうなどのトラブルとなってしまいますから、正しい保存を行いましょう。

 

カラコンを購入した際には、保存ケースが付いていた方もいると思います。
左右が分かる様に作られていると思いますから、それぞれのレンズをケースに保存するようにしましょう。
保存の際には、レンズをそのままケースに入れるのではなく、保存液に浸しておく必要があります。
使用した際には、事前に洗浄を行った状態で、保存ケースに入れる様にしましょう。
何度も使っていくと、保存ケースも汚れてしまいますので、定期的に保存ケースも綺麗に洗浄をするようにしましょう。

 

>>安全なカラコンランキングはこちら<<